痩せたい人は病気の可能性も認識を!怖いダイエット情報

ダイエットしてきれいになる、この魔法の言葉はよく私たちを惑わせます。
心の中でつぶやいていることは、ダイエットしたらきれいになる。
実はこうだったりしませんか。

ダイエットは、見た目を変えてくれますが、どんな自分で始めるかによって病気といった体に思わぬ弊害をもたらすこともあります。

体重は減ったけど・・・

「1週間で5kg痩せた!」と聞くとまずそちらに興味がいきます。
できるなら短期間で見た目を変えたいと思うのが人間ですが、この短さが体に負担をかけているとしたら、喜んでばかりもいられません。

短期間で痩せるということは、食事を制限する必要があり、体は食べることで得ていたたんぱく質を取れなくなり、体に蓄えられている筋肉や内臓から使い始めます。
こうして体重が落ちます。

そして、食事制限をやめると、使ってしまったたんぱく質を得るために、体は以前よりも吸収しやすくなり、誰でも経験のあるリバウンドがやってくるのです。

【芸能人は激やせすると心配される】

体重は減ったけど、すぐに元に戻る。
それだけではなく、太りやすくなるのは、体の生存本能です。
食事制限だけでなく、運動して筋肉量を減らさないこととよく言われるのはこれで納得できます。

激しい食事制限をして、たんぱく質が不足すると、肝臓に負担がかかります。
肝臓に送られた脂肪はたんぱく質と結びついて、エネルギーとして体全体に送り届けられます。
たんぱく質が足りないと、脂肪は肝臓に残り、たまっていき、やがて脂肪肝といった病気を引き起こします。

ホルモンバランスを崩してませんか

過度な食事を制限することは体のバランスを崩します。
体脂肪の不足は女性ホルモンの分泌を減らし、生理不順のきっかけになります。
ホルモンの分泌を減ると、ホルモンバランスが崩れて、自律神経が乱れ、不眠、だるさを感じることが多くなります。

体脂肪が15%を下回ると妊娠しずらくなります。
体脂肪はお腹の赤ちゃんに栄養を届けるために必要で、足りないと脳が妊娠の準備ができていないサインと受け取り、生理がとまります。
過度なダイエットは、赤ちゃんができにくい体を作ってしまうことになるのです。
食事制限による婦人病の発症も注意が必要なのです。

そして、食事制限をしていると、胃が小さくなり、食事を少なくしているうちに、食べることができなくなる摂食障害などの病気の症状に陥ることがあります。
どう見られているかがとても気になる人は、食べることに罪悪感をもってこともあります。
食べれなくなるということは、命の危険もともないます。

ダイエットと同時に健康な体を作る

痩せたらきれいになると思ってダイエットをしていませんか。
今の自分を否定して始めるダイエットは体に良い影響はありません。

見た目を気にしたダイエットから、精神的に追い詰められてい自分の体を大切にしたダイエットをしましょう。
体をいたわっていないダイエットは、見た目にもわかります。
健康な体がきれいの秘訣です。